未分類

いますぐ試したい性欲減退の3つの対策!男の自信を取り戻す方法

性欲、ありますか?
最近歳のせいか、なんとなく性欲が減退してきているような気がして・・・とか、疲れが勝ってしまいなかなかセックスをするような気分になれない・・・という方も多くいらっしゃることでしょう。
ただし、その性欲減退は歳のせいと諦めてしまってはいけません。
まだまだ対策できることがあります!
ここでは性欲減退というキーワードに対抗すべく、その原因や対策についてご紹介していきます。

そもそも性欲とは?

「女とヤりてえー」という心です。
ちょっと疲れていてそういう気分になれない・・・というのはままあることですが、この心が完全になくなってくると性欲がいよいよ減退してきていると考えて差し支えはないでしょう。
少なくとも、今回はこのような心がなくなった状態を性欲減退状態にあるという前提でご紹介していきます。
ちなみに性欲というのは街で会った女の子に惹かれるのも性欲ですし、合コンで必死に女の子を連れて脱出する方法を考えるのも性欲です。
また仕事帰りに今日は奥さんとどんなセックスをしようかと考えるのも性欲です。
これらは全て生殖行動という人間本来の欲求と使命を帯びているものなので、本能的に持っていて自然なものでもあります。
この生殖行動に出ることがなかなか難しい、あるいはそういった気分になることができないという場合は男性として翼を失いつつある状況であるということも考えられます。

性欲減退の原因は大きく3通り

性欲減退の原因は大きく分けて3通りあります。
1つは環境的要因で、もう1つは精神的な要因、そして3つ目は病的要因です。
環境的要因は簡単に言うと現在のあなたの周辺の状況がどうなっているか?という部分を指し、精神的要因についてはあなたの現在の精神的な状況がどうなっているかという部分です。
環境的要因が主な原因となっている性欲減退と精神的な原因が主になっている性欲減退では対策のアプローチもまた異なりますし、両方が複雑に絡み合っている性欲減退状態の場合もまた、アプローチの方法が異なってくるというわけです。
病的要因は読んで字のごとし、病気がもとになっているケースです。
ここではそれぞれの原因について分類し個別にご紹介していきます。

環境的要因

環境的要因は一言で言ってしまえば年齢や疲労状態が主な原因となります。

  • 加齢や疲労
  • ストレス
  • 喫煙・飲酒
  • 不規則な生活
  • 運動不足
  • 偏食
  • 睡眠不足

など様々な要因が現代社会を生きるビジネスマンを取り巻いているのですが、これらの要因は全て男性ホルモンであるテストステロンを著しく減少させる原因になっています。
男性ホルモンはもちろん加齢とともに減少傾向になるのですが、これらの生活習慣において負の要素があると、若くして男性ホルモンを失ってしまうことも十分に考えられます。
さらにEDという勃起不全状態に近づいてしまってもおかしくない状況にあるというわけです。
つまり上記の赤字の要因が全て当てはまるなどいわゆる役満状態にある方については、環境的要因で性欲が減退してしまっていると考えて差し支えなさそうです。

精神的要因

精神的要因というのはいわゆる、セックスに対するトラウマやうつ病などの要因が考えられます。
普段、日常生活の中では忘れているのですが、心の奥底・深層心理にあるトラウマが無自覚に性欲を減少させ、
・セックスをしたい
・女性と触れ合いたい
・おっぱい触りたい
などの気を起こさないというのが精神的要因の怖いところです。
またうつ病などの精神疾患については、そもそも病気の症状として何事もやる気が起きないというものがありますので、当然のことながら生殖行動、つまりセックスをするやる気も起きないという無限ループに陥ってしまうことがよくあります。
また精神疾患関係の薬の中にはED(勃起不全状態)になってしまうものもありますし、そもそも薬の影響で性欲減退状態になってしまうというケースも存在します。
現時点でうつ病などの治療を行っており、投薬治療を受けている場合にはこういった要因で性欲減退状態にあることも十分に考えられますので、あまり深く考えなくてもOKというケースがあります。
主治医の先生に「このような状況で性欲減退状態にあるのでしょうか?」と聞いてみましょう。
意外と
「あ、そうですね、今飲んでいただいているこのお薬が性欲を減退させている可能性がありますね。治療が終わって飲むのをやめたら自然に元に戻りますよ。なんだったらバイアグラ、のみますか?」
というコメントが得られることもあります。
それ以外のパターンで精神的要因において性欲が減退している場合は、そもそも過去の経験などから女性を信じることができなくなってしまっているなどのケースが考えられます。
その場合はより信頼できる親密な関係になれる女性と、二人三脚で時間をかけてケアをしていく必要があります。
その時にはカミングアウトと言って、女性にこのような事情でなかなかそういう事に向き合えないんだ、ということをきちんと伝えて二人三脚で問題に立ち向かってもらうというのが重要です。
カミングアウトすると大きな荷物を一人で背負いこんでいるよりも二人で分担できるようになりますので、より楽に問題に立ち向かうことができるようになりますよ。

病的要因

男性更年期障害という言葉があります。
あまり知られていませんが、男性にも実は更年期障害というものが存在します。
そうです、女性の更年期と同じ、あの更年期です。
日本国内では統計上、成人男性の9人に1人が男性更年期障害を発症すると推定されています。
男性更年期障害はいわゆるLOH症候群とも呼ばれており、男性ホルモンの分泌量に変調をきたすことによって性欲が減退したり、EDになったりすることがあるなど、様々な体の変化をきたします。
ちなみに男性ホルモンであるテストステロンは年齢によって分泌量が異なるのですが最も分泌量が高いのは青年期と呼ばれる20代です。
その後は徐々に右肩下がりに減少していくという性質を持っており、この男性ホルモンが減少することによって性欲が減少するという仕組みがあります。
ただし近年の認識では、この男性ホルモンは加齢と共に失われるのをただ指をくわえて見ているということでもなく、栄養補給や適切な行動により減少を抑えたり、あるいは逆に男性ホルモンの生成を推進することができるケースもありますので、決して諦めたものでもありません。
そしてその他の病気でも性欲減退やEDを併発することがあると報告されており、下記にあげる病気にかかったことがある・あるいは現在治療中であるという場合には性欲減退やEDなどの症状を引き起こしていることが考えられます。
糖尿病
高血圧
脂質異常症
動脈硬化
脳疾患
実はそもそもこれらの疾患の治療に使われる薬にも勃起不全を副作用として併発するようなものもあるため、上記のような病気にかかっている場合にはEDや性欲減退の原因がほぼ判明したも同様です。

性欲減退の対策方法3選

ここからは精欲減退の対策方法を3つご紹介していきます。
様々な原因のある性欲減退ですが、総合的にこれらの行動をとることによって性欲を取り戻すことができる可能性があります。
ただし、現在何らかの病気や疾患を持っており、特に投薬治療中という場合にはこれらの対策方法を取る前に必ず主治医の先生に相談してから行うようにしましょう。
反対にまだ性欲減退状態にはなっていないものの今後何となく危なさそうだと思っている方については、積極的にこれらの対策を取っていつまでもギンギンのビンビンでいられるようにがんばりましょう!

運動

もしあなたが肥満体型であれば、今後徐々に男性器の元気がなくなってくる可能性があります。
実は肥満であることはテストステロンという男性ホルモンの働きを邪魔するというデータがあり、男性の更年期障害に入った場合には肥満という要素がさらにその更年期障害を悪化させてしまう可能性も十分に考えられます。
肥満にならないように若いうちから運動しっかり継続していくことが、今後のED対策・性欲減退対策にも非常に有効な一手となります。
また運動というものはご存知の通り、人によってはストレス発散の重要なツールでもあります。
普段から運動することが苦手という方でも、運動するとなんとなく気分が晴れたようになったり大抵の問題がなんかもうどうでもよくなったりというケースがありますが、まさしくこれが運動によるストレス解消効果と言えます。
ストレスが溜まり続けるとある程度の段階までは耐えることができるのですが、そのストレスが一定値を超えると寝ても覚めてもそのことばかりを考え続けてしまうという非常に悪循環のような状況に陥ってしまうことがあります。
これは人間の防衛本能から来ていることなので仕方ないことなのですが、ここまでのストレスになってしまうと性欲・性的興奮を担当している脳の部分も全てストレスのせいで機能不全に陥ってしまうことから、ED気味になることがあります。
このような状況に陥ってしまう前に適度に運動やスポーツなどでストレス発散を行って上手にストレスと付き合っていくようにしたいところです。
とにかくストレスは勃起不全や性欲減退の大敵と覚えておきましょう。
ちなみにもう一つ、運動にはいいことがあります。
運動で筋肉に刺激が入ると男性ホルモンの分泌が増えるという研究データがあるのです。
とはいえ、運動するだけのまとまった時間なんて取れるわけないだろうということであればエレベーターを使わずに階段を使ったり、5分でも構いませんので筋トレをするなどすることで全く運動のない状況よりは好循環な環境を生み出すことができます。

栄養

毎日仕事に忙しく、仕事に生きている男性は食事の栄養や食事のバランスまで気が回らないということが多いのではないでしょうか。
しかし食事をおろそかにしてしまうと、徐々に息子さんの元気がなくなっていきます。なぜなら男性器に必要な栄養を取っていないことが考えられるからです。
反対に言えば、なんであの人はこの歳なのにあんなに現役でビンビンなのだろうか?という人は一見して時を使っていないように見えて、実は食事や栄養素という部分を非常に重要視している人という可能性があります。
一般的に性欲減退に関するクリニックで受診しても亜鉛をとりなさいというアドバイスを得られたり、ネバネバした食品が性欲に良いよ!と勧められるものですが、これらは具体的に亜鉛やアミノ酸などを取ることを目的として勧められているケースがあります。
具体的に言うと亜鉛は精子の原料になったり、男性ホルモンであるテストステロンを体の中から生み出すための栄養素にもなりうるのですが、さすがに毎日体が満足するだけの栄養素を食事オンリーで取り入れようとするとコスパ的にも時間的にも手間的にも無理があります。
もっと言うと、仕事で不規則な食生活をしていたり、あるいはいつ誰に飲みに誘われるか分からないというような仕事の形態だと、このような食事を規則正しくとるというのはほぼ不可能です。
この辺りについてはサプリメントで栄養を効率的に補給していくというのが必要です。
特に最近話題の増大サプリメントなどは、男性器を増大することを念頭においた栄養成分を配合しておきながら男性の性欲にもきちんとコミットしてくれるような天然成分や食品エキスなどが配合されているケースが多く、国内で人気の増大サプリメントにはいわゆる精力剤と勃起剤と健康増進剤のミックスのようなイメージのものが多数存在します。

睡眠

睡眠も実は非常に重要な要素でもあります。
人間の三大欲求といえば食欲・睡眠欲・性欲と言われるほどで睡眠と食事が不足していると性欲も出てこないものです。
ちなみに男性ホルモンというのは睡眠中に分泌されることが非常に多く、睡眠が足りないと当然のことながら男性ホルモンの分泌量は低くなってしまいます。
さらに言うまでもないことですが、男性ホルモンは性欲に非常に大きく影響するもので男性ホルモンが多く体の中に存在すればするほど、それだけ性欲も増していくという性格があります。
そのため、睡眠時間はしっかり確保するようにしていきたいところです。
寝不足だとなんとなく性欲がわかないような気がする・・・というのは決して勘違いではなく、こういったメカニズムが関係しているというわけです。
また増大サプリを飲んで栄養補給しているからなんとかなるでしょう!と思っている方も非常に最近多いのですが、サプリを飲むだけでは足りません。
生活習慣に気を配り、しっかりと睡眠をとる事こそがサプリの効果をより高めて結果的にギンギンでビンビンの生活につながるいうわけです。
ちなみにテストステロンという男性ホルモンは性欲以外にも様々な分野の意欲を高めるというデータがあります。
仕事でしっかりと結果を出しつつもプライベートもしっかり遊んでいる、なんとなくエグゼクティブな感じの人はこういった男性ホルモンの分泌量が高いのでしょう。
性欲丸出しの性欲大権現みたいな感じでは何となくアレなイメージしかありませんが、仕事のモチベーションや結果もきちんと出しているということであれば、バリバリのビジネスマンとして周囲から尊敬の眼差しを受けられることでしょう。
まとめ

  • 性欲減退には精神的、環境的、病的要因の3通りがある
  • 不規則な生活だと性欲減退にもつながる
  • 寝不足は男性ホルモンの減少に直結!
  • 適度な運動と栄養補給が性欲減退対策の近道
  • 最近は増大サプリが高コスパでブーム
  • 活力を取り戻し、仕事もセックスもバリバリなメンズになろう

性欲減退状態は、いわゆる女性とヤリたい!という気持ちが湧かなくなった状態を言いますが、これらは精神的に、あるいは環境的に原因があるケースが多く、また一部の場合は病的要因を持っているケースもあります。
そして環境的な要因として一番大きく上げられるのは不規則な生活または寝不足状態が継続していることで、特に寝不足は男性ホルモンの減少に直結してしまい性欲減退を招くことになりますので注意していきたいところです。
そして適度な運動や栄養補給は男性ホルモンの分泌を助けるため、精欲減退対策の近道でもあります。
栄養補給は増大サプリが非常にコスパが高く、最近ブームになりつつあります。
これらのサプリや適度な運動と栄養補給を組み合わせることで、活力を取り戻し、セックスでも仕事でもバリバリなメンズになりたいものです。

おまけ:増大サプリが最近密かに使われ始めている件

今回の記事の中で性欲減退やEDの対策には栄養補給がおすすめだという趣旨の記載がありましたが、この栄養補給に最近ひそかに使われ始めているのが増大サプリメントです。
増大サプリメントというのは元々、男性器のサイズアップのために服用され始めたサプリメントで、成分自体はシトルリン・アルギニン、それに亜鉛などの男性の勃起力改善や性欲の向上のために必要な栄養成分が主体となっています。
さらにそれらの成分が1日の推奨摂取量上限ギリギリまで配合されているものもあるなど、より効率的に、そしてよりダイレクトに体に栄養を取り込むことができるような構造になっています。
当サイトでも、どの増大サプリメントが実際はおすすめなのか?
というお問い合わせをよくいただくのですが、当サイトで人気ナンバーワンの増大サプリメントはヴォルスタービヨンドという増大サプリメントです。
このヴォルスタービヨンドという増大サプリメントは日本国内でも非常に販売数が多く、なんと累計販売数は10万を超えるという驚きの数値を叩き出しています。
またヴォルスタービヨンドはシトルリン・アルギニンさらには亜鉛などのミネラルの成分の他にもいわゆる山芋からとれる貴重な成分を凝縮したジオパワー15という特許製法で作られた成分も配合し、さらにその他数十種類の成分を配合していることから様々な方面からの人気が高いのが特徴です。
さらにメーカー側の自信の裏付けとして、公式サイトからの購入者については送料無料で、さらに初回購入に限り全額返金保証も実施しているという驚きの仕上がりです。
無論、プライバシーに配慮した配送スキームも完備です。
プライバシーや成分の多さを指定口コミさらに価格などを総合的に判断して、当サイトではこのヴォルスタービヨンドがイチオシです。